『6月の日記』公式サイトOPEN!

a0012566_1831178.jpg

[原題: 6월의 일기 2005年12月1日公開予定]


오늘 한 아이가 죽었다
今日 ひとり 子供が死んだ

아직... 살인은 남아있다!
まだ... 殺人は残っている!

미리 쓰여진 슬픈 살인의 기록
あらかじめ使われた 悲しい殺人の記録



おひさしぶりです^^;;
いろんな映画みてるんですが、なかなか手が回らず・・・o(TヘTo) クゥ
すみません。

今日、重い腰をあげたのは、この『6月の日記』をいう映画をおしらせしたかったのです^^
「甘い人生」で特別出演を果たしたエリックことムンジョンヒョクの初主演映画です。
この映画でエリックは「フォームに生き、フォームに死ぬ」
ポリスラインをさっそうと超えることにあこがれて、刑事になった新米刑事、キム・ドンウクを演じます。
そしてドンウクとコンビを組むことになった、先輩刑事、チュ・ジェヨンを「花嫁はギャングスター」「ミスター主夫クイズ王(公開中)」のシン・ウンギョンさんが演じます。
そして、もうひとりの主役、謎の女性を「シュリ」「LOST(米・TVドラマ)」のキム・ユンジンさんが演じています。

a0012566_18483331.jpg

a0012566_1849829.jpg

a0012566_18514596.jpg


11月末公開予定のこの映画。。
何回かにわけてご紹介できたらと思っています^^
まずは、公式サイトがオープンしたので、その御報告です!

『6월의 일기』official site

予告編も公開されました!!!

『6月の日記』 trailer

**本家・Puruse Syndromeにても特集してます^^(要登録)**
[PR]

# by mgarden5923 | 2005-11-03 19:02 |

『甘い人生』を観る。

a0012566_11215627.jpg


原題:달콤한 인생(甘い人生)/2005年4月

日韓同時公開ということで、日本では23日から公開されました!
気になって仕方ないので、24日、池袋のシネリーブルで観て来ました。

ビョンホンさんのメロ路線が好きな人はちょっとキツイとおもわれたかもしれないですが、
何度も言いますけど、私は「JSA]や「オールイン」のような骨っぽい役のビョンホンさんがすきなんです^^
演技のうまさがぜったい際立つからです!

今回のソヌという役。
孤独、人を愛したことがない男、仕事ができる組織のナンバー2、冷酷、ストイック・・・
そんな一人の男が一直線のベクトルで向かうのは破滅への道・・・

a0012566_1150948.jpg


まさしく、「アクション・ノワール
セットもソヌが支配人をつとめる、ホテルのラウンジ、ビルの廃屋、ボスの愛人が住む家、銃密売組織のアジトと、すべてが美しい。

a0012566_115043100.jpg
a0012566_11513289.jpg
a0012566_11514787.jpg


もちろん、衣装もすばらしく、登場人物の内面をもうつしだすような、気の配りようです。

細かいところまで、キム・ジウン監督の『美学』が盛り込まれているようで、
ソヌのつける香水のニオイまでかげそうな雰囲気があります。。。

一直線、引き返すすべはなく、終点まで突き進むしかないストーリーなので、メロドラマを期待している人はぜったいにガッカリだと思いますが、
本当に映像はきれいです。
暴力的で汚いんですが、、、美しいです。。。

a0012566_11595044.jpg


脇役のみなさんがすばらしいです!
使えないちょっと自虐的な用心棒のソクという役を演じてるキム・レハさん。
「殺人の追憶」「ほえる犬は噛まない」とポンジュノ監督の映画にたてつづけに出演している個性派で、どこかキレてる役がほんとうにうまいです。

a0012566_1262541.jpg


そして、うつくしいタイトルロールに
「特別出演   ムン・ジョンヒョク」の文字が消えていったのを見て、
本当にうれしかったです^^
しかも、1カットではなく、めちゃくちゃ印象深い役・・・・
映画むきだ~とあらためて思いました。。
とてもいいスタートを切ったと思います!


a0012566_1218071.jpg


そして、
この映画の舞台であるホテルのラウンジの名前は「la dolce vita」
イタリア語で「甘い命(人生)」という。
ソヌの語りであかされる、その名前の由来も、胸にせまる・・・・

もう一度みたら、また違う感想でしょうか。
ぜひ、劇場でごらんになって、感想をきかせてくださいね^^

甘い人生@映画生活
[PR]

# by mgarden5923 | 2005-04-26 12:29 |

『オオカミの誘惑』

a0012566_095611.jpg


原題: 늑대의 유혹(オオカミの誘惑)/2004年

いよいよ明日(19日)から日本公開です。

昨年7月、韓国へ行った時、何故かファンシーショップでこのポスターがうられていました。
この映画だけ?なぜ??と不思議におもったのですが。。。

映画の中で、『オーラを放つ映画』というのがあると思います。

東京国際映画祭でこの映画を観た時、ものすごいオーラを感じました。
映画のデキがどうとか、演技力がどうとかいうことはおいといてあまりあるほどの
「いい男オーラ」です^^
カン・ドンウォンくんとチョ・ハンソンくん、この映画の役柄もふくめて、すごいオーラを放っているんです!
彼の名前も知らずに付き合ってくれた友人2名とも、すっかりドンウォンペンになってしまったんですよ。。すごいパワーです(約1名重症)^^;

a0012566_0182763.jpg

a0012566_0194557.jpg
a0012566_0202445.jpg
a0012566_0211143.jpg


少女漫画が好きならまずまちがいなくオススメします!
高校生、制服、ワルで硬派なハンサムな番長、ケンカ、バイク、ケガの手当て、突然の告白と・・・
すべての要素がはいっていると言ってもいいと思います^^
この映画の原作が当時高校生の書いた、ネット小説というのがホントにうなづけます。

二人の番長に惚れられる女の子ハンギョンをイ・チョンアちゃんが演じています。
素朴で性格よさそうな癒し系の女の子です。これといったとりえはありません。。。
これも少女漫画の鉄則です!

そして、この映画のもうひとつのマジックは
「누나(ヌナ)・・・」という言葉にあります。
高校生のイ・スンギくんの「俺のオンナだから」という歌が韓国で大ヒットしましたが、
そこにも登場する、年下の男の子が年上の女性を呼ぶときの「ヌナ」(ねえさん)という響き・・・
「ヌナと呼ばれたい」症状がでてくることはまず間違いありません・・・(´ー`。)

a0012566_0344273.jpg
a0012566_0351933.jpg
a0012566_0353415.jpg


韓国でも当然大ヒット。
前作の「彼女を信じないで下さい」でみかけたときは、正直、ドンウォンくんの印象はうすかったのですが、この映画でブレイクしましたね。
この映画、ぜひぜひ、大きいスクリーンで観る事をオススメします!
もちろんハンカチも準備です!!

a0012566_1113636.jpg



オオカミの誘惑@映画生活
[PR]

# by mgarden5923 | 2005-03-19 01:19 |