カテゴリ:か( 7 )

黒い土の少女

a0012566_1394928.jpg

[黒い土の少女 / 검은 땅의 소녀와 2007年11月]

3月8日から始まった、韓国アートフィルムショーケースの一つ目の作品が
この「黒い土の少女」です。
今回ラインナップされた4作品のうち、2作品は既に見たことがあるのですが、
この映画についてはまったく知りませんでした。
主演のユ・ヨンミちゃんがKBSシットコムに出演中のオクヒだと知ったのも大分後でした。
ドラマの中のヨンミちゃんは「頭の回転が早く、物怖じしない、大人顔負けの賢い子」ですが、
この映画では長い台詞が少なく、戸惑ったと舞台挨拶で話してくれました。

炭鉱で働くお父さん。
そこにお母さんの影はありません。
死んでしまったのか。または出て行ってしまったのか・・・
その辺は語られないのですが、3歳ほどの知能しかない兄の世話を焼くのも
ヨンリム(ユ・ヨンミ)の仕事です。

a0012566_1483944.jpg
a0012566_150714.jpg



じん肺炎だと診断され、仕事と続けられなくなったお父さんは魚屋をはじめますが、立ち退きに同意してもらったお金でやっと購入したトラックは
トング(パク・ヒョヌ)の行動から他の車にぶつける事故をおこしてしまいます。。。

お父さんは、子どもたちをすごくかわいがっています。
お父さんが帰ってきて、駆け寄る子ども達を一人ずつ抱きしめてくれるから、
最初は貧しくても、悲しい家族ではありません。

a0012566_1046371.jpg
a0012566_1047489.jpg


いつから「悲しい家族」になってしまったのか。
お父さんの仕事がうまくいかず、お酒をのみつづけ、食べるために盗みもするようになるヨンリムの寝顔にながれるピアノ練習曲に胸が痛みました。

私が一番印象に残るシーンは
いなくなってしまったトングを探し当て、ギュっとだきしめるヨンリムに対し、
お父さんはトングをたたきます・・・必死に止めるヨンリム・・・
そして3人で雪道の山を下ってゆくシーン。
たたいてしまったお父さんはトングに自分の上着を抜いて着せてやり、手をしっかりつなぐヨンリム。
長い下り坂です。
長い下り坂をゆっくりと、確実におりていくしかないのです。
決して覚めることのない現実。
終わりがないように見える、絶望が、夢だったらどんなにいいだろう。
そんなことを感じたシーンです。
黒い土に白い雪。ヨンリムの毛玉だらけの赤いセーター・・・水色のセーター・・・

a0012566_1055812.jpg


そして家族のためにある決意をするヨンリム。

a0012566_1056750.jpg

ラストシーンのこの表情にすべてをこめたヨンミちゃん。
やはりすごい女優さんです。

期間中にぜひごらんになってみてください。

2008年3月8日(土)~3月21日(金)
上映時間: 11:30/13:30/15:30/17:30/19:30
渋谷・シアター・イメージフォーラムにて

* 「黒い土の少女」公式HP

* ユ・ヨンミちゃん舞台挨拶レポはこちら

黒い土の少女@映画生活
[PR]

by mgarden5923 | 2008-03-10 11:01 |

『風のファイター』

a0012566_10334636.jpg
a0012566_10341368.jpg
a0012566_10343986.jpg


極真空手の創始者、大山マスタツ(本名:チェ・ペダル)の伝説的な半生を描いた映画、『風のファイター』を東京国際映画祭のコンペティション部門で観ました。
この映画、いちばん最初はピがキャスティングされていたはずですよね。
あちこちで「ピの映画!」と話してしまったのですが、主役をヤン・ドングンに交代して、結果的によかったのではないかと思います。
映画をみおわって、この役、ピくんでは無理というか、ここまでやれれだろうか?とつぶやいてしまいました。
ヤン・ドングンさんは、スタントを使わないアクションに挑んでおり、並々ならない、根性を感じました。
ジヒョンちゃんの『ホワイトバレンタイン』、KNTVで放映中のシットコム『ニューノンストップ』で個性的な役を演じている彼ですが、演技力には定評があり、ラッパーとしての素顔も人気があり、カリスマ性を発揮している俳優さんのひとりです。
とにかく、まず、びっくりするくらい、日本語がうまい!!
ひとつのセリフに感情がちゃんと乗っていました。
そして、過酷きわまりないロケ!!誰もいない、雪山をはだしで駆け上がります。
拳からは血が滲み、みていて苦しくなりました。
それだけでもまずは拍手をおくりたいと思います。
a0012566_1047445.jpg


日本の航空学校に入学してから、舞台が日本ですので、日本の俳優さんが出演しています。
ライバルを加藤雅也さん、恋人役を平山あやちゃんが演じています。
加藤さんはとても存在感がありました。

大山マスタツさんにはたくさんの伝説があります。
ヒグマを素手で倒したとか、二本の指で10円玉を曲げたとか・・・
人間としての限界に挑戦するかのような、修行と孤独。
そして、かれの残した、
「戦うのがこわくてたまらない。」という言葉。
人としての苦しみがつたわりました。

a0012566_1051820.jpg


2005年、全国ロードショーが決まったようです。
ぜひ、ごらんになってみてくださいね。
韓国の公式サイトも、きれいです!!


『風のファイター』韓国公式サイト
[PR]

by mgarden5923 | 2004-11-24 11:02 |

『菊花の香り』

a0012566_16483857.jpg


東京国際映画祭と同時期に関東公開された映画です。
今現在関西のほうで公開中でしょうか・・・
公開期間が短くて少しざんねんでした。

「世界でいちばん愛されたひと」という副題も原作の翻訳本といっしょです。
韓国でベストセラーになったという小説をこの春読みました。
すばらしい小説でした。この小説がどんな風に映画化なになったのか興味もありましたし、
主演のパクヘイルさん。「殺人の追憶」「人魚姫」と観て、ほんとにいい青年だな~と思ってます^^。舞台にも出る方だと聞いて、演技力のたしかさもうなづけました。

a0012566_16552522.jpg


わたしは庭関係のお仕事をときどきやっていますが、ガーデン仲間とこのことについて、はなしをしました。
この物語にひかれる、理由のひとつは「菊の花の香り」にあるのです。
クリサンセマムというこの種類の花の香りをかいだことがある方ならうなづいていただけると思います。
上品で、香りを主張することはありません。
かすかに香る程度の花です。
地下鉄の駅でヒジェ(チャン・ジニョン)とすれ違ったとき、イナ(パク・ヘイル)はそんなかすかな香りに気づいてしまうのです・・・
しかも、シャンプーの香りでないことが後からわかります。
彼女の体臭のようなものがイナには「菊花の香り」と記憶されるのです。

a0012566_1743957.jpg


7年間も、若く、女性にも好かれるだろうイナという男性が、ただひたすらに、ヒジェだけを思い続けるのはなぜだろうという疑問が起きるかもしれません。
ですが、かすかな菊の香りがする女性を、かぎ分けてしまった彼は、出会った瞬間から、彼女のすべてを受け入れてしまったのだと思います。

a0012566_1712318.jpg


映画は彼女と結婚してからの話がメインに編集されていました。
結ばれるまでのほうに重きをおいた原作とは少し違います。
韓国お決まりの「難病もの」とくくられてしまうのは、ものすごく残念なのですが・・・・

チャン・ジニョンさん、「オーバーザレインボー」にも出てる女優さん、はじめてみたのですが、
すごくかわいかったです!
OSTの『ヒジェ』という歌、ソン・シギョンさんの歌もすごくすてきですね!
cafe roomにUPしました。(ネタバレになります^^;)

ご覧になる機会のある方は、ぜひ、みてみてくださいね。
感想もお聞かせいただければと思います。

a0012566_1718273.jpg


『菊花の香り~世界でいちばん愛された人~』日本公式サイト

『菊花の香り』OST『ヒジェ』MV by ソン・シギョン
[PR]

by mgarden5923 | 2004-11-18 17:23 |

『子猫をお願い』を観て。

a0012566_135457.jpg
『子猫をお願い』

渋谷ユーロスペースにて上映中のこの映画をやっと観てきました。
観てまずわたしが感じたのは、<これはハードボイルド映画!>ということです。
今の”韓流”から、ひとことで韓国モノというと、メロドラマを連想する方が多いのではないでしょうか。「それはちょっと甘すぎる。。」「はまれない!!」という方はぜひ、この映画をご覧になってみてください。
以下、ネタバレがありますので、ご注意ください。

20歳の女の子たちの姿。。。
この映画には、ほとんど、恋愛に関するエピソードはありません。
恋愛にもっと忙しい時期では?
それとも意外とこんなふうかも?
といろいろ思われるかもしれませんが、とにかく、カンタンに何もかも思い通りになんていかないという現実があることは確かです。

ジヨンが住む、仁川のバラック。
インチョン空港しか知らないわたしは、彼女たちが生きている<現実>の中に、自ら入っていくようでした。
ジヨンを演じた、オク・ジヨンがものすごくいい!!

そして、わたしも大好きなペ・ドゥナちゃんは、この映画でも、独特の雰囲気をかもしだしています。期待を裏切らない女優さんですね。
真夜中にヘッドライトをつけ、真っ赤なミトンをはめたままタバコをふかして、本を読む。
おばあさんにすすめられるままに、次々とマンドゥを口に詰め込む。
もう、この姿がみれただけでも満足です^^。

最初に書いたとうり、この映画に甘さはなく、切なさだけでもない。
観終わったあとに、すがすがしさが残ります。
ドゥナちゃんのセリフのように、
「どこに行くかは、行きながら考える。」
彼女たちは、何にでもなれるし、どこにだって行けるのです。

そんな彼女たちの背中に、応援団のように、エールを送りたいと思います!
a0012566_13544799.jpg

[PR]

by mgarden5923 | 2004-07-31 13:57 |

『気まぐれな唇』

a0012566_23212.jpg
ホン・サンス監督の作品をはじめて観ました。来週いっぱい、キネカ大森で韓国映画特集をやっています。『殺人の追憶』のポン・ジュノ監督がこの映画をみて、キム・サンギョンさんをキャスティングしたそうです。
<ホン・サンス・スタイル>ともいうべきムードのある映画で、どこかしらフランス映画っぽいなぁ。と思っていたら、海外でも大変人気のある監督さんで、最新作『女は男の未来だ』はフランスも出資しているそうです。
リアリズム以上のリアリズムというのでしょうか、ひとりの男を中心におこる出来事を淡々と、飾らずに描いているようにみえます。
そう、感じさせる演出です。
実際、撮影当日に台本を渡して、その台本には前日話したことが書かれていたりしたそうです。
キム・サンギョン演じる、ちょっと顔の売れてる俳優・ギョンスに関わってくるのはダンサーで情熱的なミョンスク(イェ・ジウォン)、清楚な人妻ソニョン(チュ・サンミ)です。イェ・ジウォンさんはテヒョンくん主演のドラマ『ジュリエットの男』でデビューした女優さんですが、ドラマとは180度違って、とてもセクシーな役どころです。チュ・サンミさんもとてもかわいかったです。
同じセリフを違う人間に言わせたり、おなじような場面がでてきたりします。
出口のない森の中で漂っている男女の日記的映画。
他のホン・サンス作品もみてみたくなりました。

『気まぐれな唇』 公式サイト

予告編 (Real Player)
[PR]

by mgarden5923 | 2004-06-11 23:03 |

『子猫をお願い』

a0012566_225251.jpg
子猫をお願い


今、一番観たい韓国映画のひとつです。
主演は、『吠える犬は噛まない』『復讐者に憐れみを』でも注目の女優ペ・ドゥナ。
仁川の高校を卒業した20歳の彼女たちの青春、友情、そして挫折を描いたこの映画は、海外でも高い評価をうけています。
等身大の今を生きる彼女たちが子猫を介して、どのように描かれているのかとても楽しみです。


6月26日から渋谷・ユーロスペースにて


『子猫をお願い』公式サイト


予告編
[PR]

by mgarden5923 | 2004-05-24 22:54 |

韓国映画と雨の日は。  vol.1

<雨>のでてこない、韓国映画を探す方がタイヘンではないでしょうか?
悲しい時、うれしい時、たくさんの雨が描かれています。
登場人物たちのこころを映す、鏡の役割りかもしれません。

クァク・ジェヨン監督の映画にはとにかく、雨がよくでてきます。
ずぶ濡れ、雨宿り、肩を寄せ合い走るふたり。。。
どれもが印象的で美しい雨です。

                
a0012566_183924.jpg

             
<上>『猟奇的な彼女』
お見合いをサボってキュヌとデートする彼女。大雨の中、彼女の家のそばの階段を
駆け下りてきます。木陰でひとやすみするふたり。。。
「一瞬だけど、彼女の熱いまなざしを感じました。」
ふたりの中に、違う感情が芽生えはじめる、とても好きなシーンのひとつです。

<中>『ラブストーリー』(classic)
監督の作品のなかでも、雨、雨、雨のたくさんでてくる映画です。
雨の意味合いもぜんぜん違います。
別れを納得できずに、ジュヒ(母)の家まで来てしまったジュナ。ジュヒもまた、諦めきれずに追いかけてきます。辛く、痛い雨です。
このほか、ジヘ(現在)とサンミンの恋も雨が大切な役割をはたしています。
ドキドキの雨。うれしくてたまらない雨です。

<下>『僕の彼女を紹介します』
大雨の中、小さいオモチャの傘を手に、思いっきりはしゃぐ二人。
このシーンが、映画のどこに出てくるのかわかりませんが、たのしい雨なのでしょうか。
楽しみです^^。

雨を愛する気持ちがつたわってきますね。
[PR]

by mgarden5923 | 2004-05-20 14:38 |