『永遠の片想い』みてきました。

a0012566_11461988.jpg
24日、池袋のシネリーブルにて『永遠の片想い』観てきました^^。
韓国版のDVDと字幕の文章でしかみたことがなかったので、字幕つきというのは、ホントにありがたかったです。。
大入り満員で、男性の方も多かったです。イェジンちゃん、ウンジュちゃんのファンの方でしょうか。
このふたり、ほんとうにかわいかったです^^。今ではかなり大物(?)女優さんになってしまいました。

DVDで観た時、ラストがすごく辛かったです。
このままでジファンは立ち直れるのだろうかと。。。
どこかに救いをもとめてしまいます。どうしても。
だから、この映画はすごく好きなのですが、なんともやりきれなさが残りました。

でも、昨日映画館でみていて、少し感想が変わりました。
監督さんがインタビューか何かで話していたのですが、この映画のタイトルは『연애소설』(恋愛小説)です。
Lovers Concerto. 恋愛に関する小さな思い出という意味合いがあるということを思い出しました。
イ・ハン監督は青春の一つの思い出として、この映画を撮ったのかもしれません。
ある夏の日、とってもステキな2人の女の子と出逢った。
二人のうち、ひとりは女の子らしく、ひとりはボーイッシュで。。
これって、男の子からすれば、ステキすぎる出来事なのではないですか?
そして、テヒョンくんが演じているのはほんとうにどこにでもいるような、どちらかと言えば平凡な男の子です。

3人が過ごしたある夏の日々・・・

・・・そう考えたら、気持ちが楽になりました。
なんとなくですが、そんなふうに今は思っています。

ぜひ、みなさんも劇場へ足をはこんでください!
また、感想をきかせてくださいね^^
[PR]

by mgarden5923 | 2004-07-25 11:49 |