『藍色夏恋』

a0012566_02853.jpg
今日は台湾映画を紹介します。
この映画は2003年のカンヌにも出展されました。
台湾の高校生も日本とかわらないんだなぁとヘンに感動したりしました^^。
原題の『藍色大門』(BLUE GATE CROSSING)とは、若者たちが通過していかなくてはならない門という意味が込められているそうです。
主人公モン・クーロウを演じた、グイ・ルンメイ、健康優良男児チャン・シーハオを演じたチェン・ボーリンが、それぞれ初々しく、等身大の高校生を演じているのに、好感がもてます。
だれもが抱えている、秘密や愛情、嫉妬、そのどれもが彼らにとってはまだ未成熟で、ぎこちありません。
せつなく、さわやかな映画です。
6月23日、wowowで放映されます^^。


『藍色夏恋』日本公式サイト
[PR]

by mgarden5923 | 2004-05-29 00:30 |