『純愛中毒』 2

a0012566_12238.jpg『純愛中毒』

新宿武蔵野館に観に行きました。
大入り、立ち見で満員でした。
あらためて、ビョンホンさんの人気にびっくりです。

『猟奇的な彼女』のクァク・ジェヨンが猟彼を撮る前に、脚色を担当した映画です。
彼特有のいくつかのキーワード。
そして、魂が入れ替わるというミステリーに、シャンソンを思わせるオトナっぽい音楽が加わり、独特の雰囲気のある作品になっています。
イ・ミヨン(『黒水仙』『わが心のオルガン』)の心理をおっていくと、こちらまで、ドキドキしてしまいました。
「自分は兄だ」と言い張る弟。そんなはずはないと思いながらも、二人だけの秘密をつきつけられるたびに、受け入れてしまいたいという衝動を必死におさえる、彼女の葛藤が、
涙をたたえた見開かれた瞳にあらわれて、印象的でした。

大人の愛に浸りたい時に、ぴったりの映画です。
[PR]

by mgarden5923 | 2004-05-01 01:23 |