黒い土の少女

a0012566_1394928.jpg

[黒い土の少女 / 검은 땅의 소녀와 2007年11月]

3月8日から始まった、韓国アートフィルムショーケースの一つ目の作品が
この「黒い土の少女」です。
今回ラインナップされた4作品のうち、2作品は既に見たことがあるのですが、
この映画についてはまったく知りませんでした。
主演のユ・ヨンミちゃんがKBSシットコムに出演中のオクヒだと知ったのも大分後でした。
ドラマの中のヨンミちゃんは「頭の回転が早く、物怖じしない、大人顔負けの賢い子」ですが、
この映画では長い台詞が少なく、戸惑ったと舞台挨拶で話してくれました。

炭鉱で働くお父さん。
そこにお母さんの影はありません。
死んでしまったのか。または出て行ってしまったのか・・・
その辺は語られないのですが、3歳ほどの知能しかない兄の世話を焼くのも
ヨンリム(ユ・ヨンミ)の仕事です。

a0012566_1483944.jpg
a0012566_150714.jpg



じん肺炎だと診断され、仕事と続けられなくなったお父さんは魚屋をはじめますが、立ち退きに同意してもらったお金でやっと購入したトラックは
トング(パク・ヒョヌ)の行動から他の車にぶつける事故をおこしてしまいます。。。

お父さんは、子どもたちをすごくかわいがっています。
お父さんが帰ってきて、駆け寄る子ども達を一人ずつ抱きしめてくれるから、
最初は貧しくても、悲しい家族ではありません。

a0012566_1046371.jpg
a0012566_1047489.jpg


いつから「悲しい家族」になってしまったのか。
お父さんの仕事がうまくいかず、お酒をのみつづけ、食べるために盗みもするようになるヨンリムの寝顔にながれるピアノ練習曲に胸が痛みました。

私が一番印象に残るシーンは
いなくなってしまったトングを探し当て、ギュっとだきしめるヨンリムに対し、
お父さんはトングをたたきます・・・必死に止めるヨンリム・・・
そして3人で雪道の山を下ってゆくシーン。
たたいてしまったお父さんはトングに自分の上着を抜いて着せてやり、手をしっかりつなぐヨンリム。
長い下り坂です。
長い下り坂をゆっくりと、確実におりていくしかないのです。
決して覚めることのない現実。
終わりがないように見える、絶望が、夢だったらどんなにいいだろう。
そんなことを感じたシーンです。
黒い土に白い雪。ヨンリムの毛玉だらけの赤いセーター・・・水色のセーター・・・

a0012566_1055812.jpg


そして家族のためにある決意をするヨンリム。

a0012566_1056750.jpg

ラストシーンのこの表情にすべてをこめたヨンミちゃん。
やはりすごい女優さんです。

期間中にぜひごらんになってみてください。

2008年3月8日(土)~3月21日(金)
上映時間: 11:30/13:30/15:30/17:30/19:30
渋谷・シアター・イメージフォーラムにて

* 「黒い土の少女」公式HP

* ユ・ヨンミちゃん舞台挨拶レポはこちら

黒い土の少女@映画生活
[PR]

# by mgarden5923 | 2008-03-10 11:01 |

2年間・・・

a0012566_16483261.jpg



2年間とは、あっという間なのか、とても長かったのか
自分でもよくわからないですが、なんと2年間もお休みしてたんですね・・

この2年間。
相変わらずにボチボチと韓国映画は見ておりました。
そして
自分で言うのも変だけど、飛躍的に進歩したPC技術・・・・

そりゃそうですよね。
PCにむかってるわけだから。

ここで心を入れ替えて、
もうちょくちょく、映画のことも話したくなりました。
それは話したくなるような映画があるから・・・
ということになるのかもしれませんが。

この2年間。
びっくりするような作品まで字幕つきで上映される機会が増えました。
以前は探してやっとみていた韓国映画も、
思い立てばなにかしらやっているというような今日この頃です。
大きい映画館でロードショーにかかる韓国映画は多くはないですが、
単館や、専門の劇場までできました。
映画祭も多いので、本当に見る機会がふえましたね~。
今では、2年前まで何か【特異性】があった「韓国映画」も
邦画や洋画との見分けが少なくなったのかもしれません。


<韓流>という言葉が、もう古く、
認知されながらも、やはり一部の人の文化にすぎない2年後の今日。
私は「立派なオトナ」になったのだろうか・・・
[PR]

# by mgarden5923 | 2008-03-06 16:48 | + ひとりごと +

うつせみ

うつせみ [原題:빈집(空き家)/2004年]

a0012566_0522190.jpg恵比寿ガーデンシネマで公開中のキムギドク監督の映画「うつせみ」を観ました。
「悪い男」「サマリア」が大好きです。
主演のイ・スンヨンさんは「従軍慰安婦」を題材にしたヌードを撮ったことで、頭を剃ってあやまっていた人です。
どこか悲しげなイメージを受けます。
そして、もうひとりの主演、ジェヒくんは、「我が家」「快傑春香」などのドラマや、映画「ケンカの技術」などに主演している、若手の注目株です^^
キムギドク監督の目に留まっただけのことはあり、むずかしい役をすごく自然に演じていました。




a0012566_1125371.jpg


題名どおり、この映画は「空き家」が舞台です。
空き家を次つぎに寝床にしている青年は一言も言葉を発することはありません。
寝床にした家を掃除し、洗濯し、動かなくなった電化製品を修理して次の空き家へと移って行きます。
不思議なほど礼儀正しく、人の生活に踏み込み、荒らすという、暴力的なイメージはありません。
それでも、それ自体は犯罪で、肯定できるものではないということを、
監督はきびしい偶然を通して観客にもつきつけてきます。

a0012566_1332977.jpg


空き家に棲む青年と心が空虚な人妻。
キムギドクという人は、「愛してる」ということは、その人の「エゴ」にしかすぎない。
ということを繰り返し描いているように思います。

もうひとつ。。。
この青年は最後まで言葉を発しません。
「悪い男」の主人公も失語症で、最後に一言だけ叫び声をあげました。
言葉を省くことによって、観客は彼を無条件に信じることができるのかもしれません。

a0012566_146273.jpg


そして、キムギドク監督に共通する「甘い結末」
もしかしたら、本当はぜんぜん「甘く」ないのかもしれませんが・・・・

ジェヒくんが映画に清潔感をプラスしていたように思います。
次回作も楽しみな俳優さんです^^

「うつせみ」公式サイト


うつせみ@映画生活
[PR]

# by mgarden5923 | 2006-03-10 01:53 |